• « 2017·05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2006’08.15・Tue

質問スキル

時々フォーラムを覗いては「なにが質問されているのか」とかその回答とかを見るのですけど
フォーラムで回答してる人やっぱり大変だなぁと思ったのが
失礼かもしれませんけど…
「質問の意味がわからない質問」が非常に多いです(汗)
まず「なにが聞きたいのか解読しないとわからない質問」に回答を提示するのは簡単な事ではないと思います。
わたくし、質問の意味がわからないので回答できません、としかお答えできない質問が沢山ございました…。

なにがわからないのか、どうしたいのか、それを人に伝えるだけでも質問スキルの差が出るようです。

あと「初心者です」はあまり意味がない言葉と思います。
見ている側からの感想ですが…既に使われすぎて、わたくしは「枕詞か挨拶」のような気すらしております。(回答者の方は自分よりもたくさんこの言葉をみているのだと…)

HTMLやCSSがわからないから「初心者です」と言うのだと思いますが、回答者の方が必要とされる情報は「その人が初心者かどうかではない」と思います。
質問内容をシッカリ書いて何がわからないのかをちゃんと伝えれば、初心者かどうかは書いてなくても大体わかります。(質問されてる内容で大体わかるのですヨ)

「初心者です」と書くと安心されてしまうのか、質問内容が曖昧な事になりがちなパターンを多く見ます。
HTMLやCSSがわからなくても、ちゃんとした質問はできるはずです。
「この部分をこうしたい」とどの場所の事を言っているのか伝えられれば、回答者の方ならすぐにどこのHTMLの話かおわかりになると思います。
大事なのは「なぜ自分がHTMLがわからないのかの説明」ではなく「ブログのどこを直したいのか」と言う情報なんじゃないかな?(・ω・`

「なにを」「どうしたいのか」「どうできなかったのか」それを明確に提示するのが質問する側の礼儀と思っております。


一番肝心なこと
回答者の方は
質問者のブログが崩れていようとカスタマイズできまいと全く困らないのですから、それでも手をかしてくださる事への感謝は忘れないようにしていけたらいいなと思ってます。
関連記事
スポンサーサイト

Categorie日記  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。